働く女性の忙しさ

男女雇用均等法が制定されてから、女性の社会進出が活発になりました。かつては男女が不平等だったために結婚後は嫌々退職していた女性も働くことができるようになったわけです。働く女性が増えたということはそれだけ働きたいと思っていた女性が多かったということでしょう。女性の忙しさはどうでしょう。家事とお仕事の両立は相当困難です。お仕事して家事もしてとなったら体がもちません。旦那さんや職場の理解がないと続けていけないのです。旦那さんが家事を手伝って奥さんの負担を軽くしてあげなくては奥さんが忙しいだけです。子育てをしながら働くとなるとさらに忙しくなります。女性の社会進出は女性の忙しさを増加させているようです。ですが、旦那さんが奥さんのお仕事のことをしっかりと理解して支えてあげると女性が安心して働くことができるようになるわけです。男性も家事や育児を手伝い、奥さんの忙しさを分かち合うことで奥さんが忙しさに悲鳴を上げずに済むわけです。家事や育児のために女性の睡眠時間はとても短いと言われています。奥さんの睡眠時間を少しでも長くしてあげるためには旦那さんの協力が必要なのです。奥さんの精神的にも肉体的にも負担を和らげてあげられるのは旦那さんだけですから、旦那さんの頑張り次第です。男女雇用均等法が制定されて女性の忙しさが増加したとも言われていますが、男性が家事を手伝う割合も増えているのです。女性と男性が協力し合って世の中がうまくまわっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です